第21課

エレベーターの中で

誰か: こんにちは。
他の人: こんにちは。
猫とベアトリス: こんにちは。
誰か: 夏ですねー。
他の人: そう、夏です。
誰か: 今日晴れですねー。
他の人: そうよ、夏です。
誰か: もうすぐ秋ですよ。
他の人: そうそう、もう直ぐですねー。
誰か: 今年、春は短かったです。
他の人: そうです。去年よりもっと短かったです。
誰か: でも、夕べ寒かったです。
他の人: そうそう、とても寒かったですねー。
誰か: しかし、一昨日暑かったです。
他の人: そうね。それに、一昨日の晩はとても暑くて全然眠れなかったです。
誰か: 大変ですねー。
他の人: 今度の冬は長いそうです。
誰か: そうそう。
他の人: 天気予報を聞きました。
誰か: 天気予報によればあさっては雨が降るらしいです。
他の人: そう。天気予報がいつも当たっています。
誰か: そう思っています。来週は曇りでしょう。
他の人: そうそう。来月は雪が降るそうです。
誰か: そう、さ来週は気温は何度ですか?
他の人: 最高気温が40度、最低気温が3度でしょう。風邪を引かないように、気を付けて下さい。
誰か: こちらこそ。
ベアトリス: あのねー、猫さん。
猫: どうしたの、ベアトリスさん?
ベアトリス: 言われた事がある。来年は風が吹くらしいねー。
猫: うん。さ来年も花が咲いて、鳥が飛ぶみたいだな。
誰かと他の人: 失礼します
猫とベアトリス: さようなら。
ベアトリス: 天気の話は本当に詰まらないわねー。エレベーターの会話が大嫌わよ。
猫: 俺も。

[第20課]

Publicités

第20課

ベアトリス: 今、何時?午後3時15分前。遅いじゃない、人間さんは。どこいるの?まったく。私を待たせるのは何時間ですか?携帯、携帯、携帯を見つけない。どこいるの?家に忘れちゃった。どうしよう?
警察官: 遅くなちゃってごめんなさい。
ベアトリス: 警察さん?警察さんと待ち合わせませんでした。
警察官:でも、私たちは2時に待ち合わせる事にしました。
ベアトリス: 違います。人間さんとでしたから。
警察官: 本当ですか?
ベアトリス: あたりまえです。
警察官: おかしいです。
ベアトリス: またのちほど。
警察官: すみません。じゃ、またのちほど。

ベアトリス: 人間さん、人間さん遅いー。何時?3時15分。
目撃者: 遅くなちゃってごめんなさい。
ベアトリス: 目撃者さん?どうしてここにいますか?
目撃者: 私たちは2時に待ち合わせる事に決めました。
ベアトリス: いいえ、人間さんとでした。
目撃者: えー。でも
ベアトリス: 人間さんとでした。
目撃者: でも
ベアトリス: 人間さんとでした。またあとで。
目撃者: は、はい、すみません。またあとで。

ベアトリス: 何をしているの、人間さん?もう、3時半。
仲間由紀恵: 遅くなちゃってごめんなさい。
ベアトリス: 山田さん?
仲間由紀恵: えっ?
ベアトリス: 山田奈緒子さんですか?
仲間由紀恵: あー、少し違います。本当の名前は仲間由紀恵。
ベアトリス: 山田さん、「遅くなちゃってごめんなさい」と言ったのはなぜですか?
仲間由紀恵:『トリック』はドラマでした。「山田奈緒子」は登場人物でした。架空の物です。
ベアトリス:『Trick』?ドラマ?山田さん、何を言っていますか?
仲間由紀恵: 何でもありません。2時にここでベアトリスさんに会うのを約束しました。
ベアトリス: 山田さんと?
仲間由紀恵: はい。
ベアトリス: いいえ、いいえ。人間さんとでした。どうして、皆さんは私と待ち合わせたと思いますか?山田さんまたね。
仲間由紀恵: すみません。またね。

ベアトリス: 人間さん、遅い、遅い、3時45分。
猫: 遅くなちゃってごめんなさい。
ベアトリス: またですか?
猫: またって?
ベアトリス: 猫さん、人間さんはどこですか?
猫: 知りません。なぜ?
ベアトリス: 2時に人間さんと待ち合わせました。
猫: いいえ、 私とでした。
ベアトリス: 冗談ですよね。
猫: 冗談って?本当ですよ。
ベアトリス: もういい加減にしてね。そんな事は無理ですよ。
猫: なぜです?
ベアトリス: なぜなら、猫さんは動物ですから。
猫: 差別ですよ。
ベアトリス: ばかばかしい。
猫: 君を訴えるぞ。弁護士さん?弁護士さんがいまさか?
ベアトリス: やめて下さい。
猫: 弁護士さん? どこですか?
ベアトリス: やめて下さい、猫さん。4時ですよ。もういい。待っていて疲れてきましたわよ。さよなら。

人間: お待たせしました。えっ、どこですか?4時10分です。おかしいなー。ベアトリスさんはいつも早く来る。私たちは4時に待ち合わせる事にした。彼女に連絡しょう。携帯、携帯。

[第19課] [第21課]

フランス語訳 | traduction française : 2

[À partir de 日本の曲 | mélodies japonaises]

Traduction de Le 9 mars

3月9日/« Sangatsu kokonoka » [レミオロン/Remioromen]
作詞•作曲:藤巻 亮太 (paroles et musique : Ryota Fujimaki)

Au beau milieu des saisons s’écoulant
Soudain je ressens la longueur du jour
Lors des journées où nous sommes débordés
Toi et moi dessinons un rêve

Les pensées sont portées par le vent de mars,
Les bourgeons des cerisiers continuent vers le printemps

Les particules de lumière commençant à déborder
Peu à peu chauffent le matin
Je me sens un peu gêné
Après avoir bâillé fortement près de toi

Je suis à l’orée d’un monde nouveau :
Ce dont je me suis rendu compte c’est que je ne suis pas seul

Lorsque je ferme les yeux c’est toi
Que je vois aux revers des mes paupières
À quel point suis-je devenu fort ? Je me le demande
Moi aussi je veux que cela soit ainsi pour toi

Le vent tournoyant transportant la poussière de sable
S’enroule dans les linges séchant et
La lune blanche du ciel d’avant le jour
D’une certaine manière était belle, elle me fascinait

Il y a aussi des choses qui ne vont pas bien mais
Même cela est petit si je lève les yeux vers le ciel

Le ciel bleu s’éclaircit d’un froid sec
Le nuage en forme de mouton oscille tranquillement
Si la joie d’attendre l’éclosion des fleurs
Peut être partagée alors c’est le bonheur

À partir de maintenant aussi je vais sourire doucement à tes côtés

[フランス語訳 | traduction française : 0.1]

フランス語訳 | traduction française : 0.1

[À partir de 日本の曲 | mélodies japonaises]

Après 『月とナイフ』/« Tsuki to naifu » j’essaie de traduire 『3月9日』/« Sangatsu kokonoka ».

À chaque fois que je chante « Tsuki to naifu » j’ai envie de pleurer, je pleure même : ça a ce genre d’efficacité une chanson. Ce qui m’enchante c’est la douceur de la musique couplée, à certain moment, à la violence des paroles. C’est à moi qu’elles sont destinées ;  j’ai les pleurs tristes et amers de la séparation consommée.
Suga Shikao mériterait d’être connu ailleurs qu’au Japon. On va me rebattre les oreilles de la barrière de la langue. Mais franchement, est-ce qu’en France nous y comprenons réellement quelque chose à ce que nous entendons chanter en anglais à longueur de journée à la radio comme à la télévision ? Et cela nous empêche-t-il d’apprécier ou pas ?

J’aime le japonais, je l’aime parlé, chanté : cela coule délicatement délicieusement au fond de mes oreilles. Selon Christian Boltanski il y aurait un « pays réel » et un « pays rêvé » : celui où l’on naît et celui que l’on désire. Il me semble que j’ai trouvé ma « langue rêvée ».

Ma version de « Sangatsu kokonoka » est celle jouée par un quartette classique,  je la trouve tout simplement magnifique.
Et là encore je pleure : c’est mon côté « lacrymal ». C’est un plaisir de pleurer en écoutant de la musique : un grand chagrin dont on me consolerait, un grand bonheur que l’on m’offrirait.
Pour cette chanson-ci c’est sa retenue qui me plaît, une humilité dans les sentiments : aimé et être aimé en retour, ces petits rien de la vie qui apportent ce bonheur.

Je pleure trop facilement.

[フランス語訳 | traduction française : 1] [フランス語訳 | traduction française : 2]

第19課

人間: ベアトリスさん、お誕生日おめでとうございます!
ベアトリス: ありがとうごさいます。しかし、今日早すぎますわよ。
人間: なぜですか?
ベアトリス: 誕生日は4月7日ですから。
人間: すみません。
ベアトリス: いいえ、何でもありません。

人間: ベアトリスさん、明けましておめでとうございます!
ベアトリス: ありがとうごさいます。でも、いまさらもう遅すぎますわよ。
人間: どうしてですか?
ベアトリス: 今日は2月3日ですから。
人間: もうですか?すみません。
ベアトリス: いいえ、何でもありません。

人間: ベアトリスさん、ご結婚おめでとうございます!
ベアトリス: ありがとうごさいます。しかし、早すぎますわよ。
人間: なぜですか?
ベアトリス: まだ結婚しませんから。
人間: 本当ですか?すみません。
ベアトリス: いいえ、何でもありません。

人間: ベアトリスさん、ご入学おめでとうございます!
ベアトリス: ありがとうごさいます。でも、いまさら遅いですわよ。
人間: どうしてですか?
ベアトリス:今日、もう学生じゃありませんから。
人間: マジですか?すみません。
ベアトリス: いいえ、何でもありません。

人間: ベアトリスさん、ご卒業おめでとうございます!
ベアトリス: ありがとうごさいます。しかし、いまさら遅いですわよ。
人間: なぜですか?
ベアトリス: やれやれ、人間さんはまた聞いてませんねー。2年からもうボザールの生徒じゃないです。もう卒業して昔の話です。人間さんはまた遅すぎますわよ。あなたには時は本当の問題ですねー。
人間: いいえ、そんなことありません。
ベアトリス: 信じませんけど。
人間: どうしてですか?
ベアトリス: 先はすみません。
人間: えっ、急になぜ謝りましたか?
ベアトリス: なぜなら人間さんは変な人じゃありません頭脳は変だけですから。
人間: いいえ、頭脳はかんぺきです。
ベアトリス: ばかばかしいです。生きているのはそんな頭脳あるのは本当に大丈夫ですか?酷い人ですねー私?
人間: いいえ、全然です。
ベアトリス: その悪い頭脳あるのは生活をどう思いますか?大変ですねー。お大事にして下さい。
人間: 病気じゃないです。
ベアトリス: 嬉しくてよかったですわよ。
人間: ベアトリスさんはおもしろい方ですね。じゃ、気を付けて下さい。
ベアトリス: 待ってください、どこに行きますか?
人間: お休み、お休みですから。
ベアトリス: 独りにしないで下さい。実は独りでいるのす。
人間: 今度の土曜日に帰ってきます。
ベアトリス: 今度の土曜日?ものすごく長いですねー。でもわかりました。大人で、がまんします。じゃ楽しいバカンスを過ごして下さい。
人間: また土曜日に!いってきます!
ベアトリス: いってらしゃい!

[第18課] [第20課]

フランス語訳 | traduction française : 1

[À partir de 日本の曲 | mélodies japonaises]

Traduction de La lune et le couteau

月とナイフ Tsuki to naifu » [スガ シカオ/Shikao Suga]
作詞•作曲•編曲:スガ シカオ (paroles, musique et arrangements : Shikao Suga)

Si mes mots ne suffisent pas
À l’aide d’un couteau tu peux fendre puis évider ma poitrine

Tes doutes et tes justifications, ce qui s’en approchait
En fait je les avais aussi remarqués

Je me demande si de nouveau je haïrai quelqu’un ainsi
Si c’est le cas, plus et plus encore
Je t’étreindrai et j’espère que piqué dans ton cœur comme une épine
Pour longtemps, continuellement rester en toi

À l’heure actuelle il n’y a rien à dire
Tes mots, tous étaient des mensonges, n’est-ce pas ?

Si une chose telle que celle-là ne fait que se répéter
Il est possible qu’un de ces jours mes larmes atteignent la lune

Je me demande si de nouveau je pourrai aimer quelqu’un ainsi
Lorsque ce sera le cas, certainement, à coup sûr
Tel un vent parfumé j’espère que le temps s’écoulera
Se prolongera indéfiniment, sans cesse, sans cesse

[フランス語訳 | traduction française : 0] [フランス語訳 | traduction française : 0.1]

フランス語訳 | traduction française : 0

[À partir de 日本の曲 | mélodies japonaises]

Dernièrement j’ai eu « une bonne idée » : traduire des chansons, ce qui serait sans nul doute un exercice ludique et profitable. Et puis comprendre réellement les paroles d’une chanson que l’on aime bien, voir que l’on aime tout court m’a semblé indispensable.
Mais alors pourquoi le texte traduit a-t-il l’air d’être d’une toute autre nature que la chanson d’origine ?

Bien sûr, il y a la consultation répétée des dictionnaires car avec une langue étrangère il ne faut rien négliger. Et même avec eux, je suis toujours en peine de savoir si ce verbe-japonais-ci est bien « comme » ce verbe-français-là. Le fait que je doive souvent passer par l’intermédiaire d’une langue tierce, l’anglais, complique encore l’entreprise.

Par le biais de la traduction, on peut avoir de bonnes comme de mauvaises surprises dues aux contresens et aux divagations personnelles. Il m’est facile de rêver le sens rien qu’en regardant les phrases, rien qu’en les écoutant. C’est d’ailleurs comme cela que j’ai eu le désir d’apprendre le japonais : en feuilletant une revue  scientifique qui m’était incompréhensible.
Je dois faire mon deuil, accepter ce qui me fait face pour obtenir un texte au plus proche  de la « signification véritable ». C’est très difficile d’autant plus qu’une chanson ça peut entrer dans la tête d’une manière et ne peut vouloir bouger d’un iota.

Évidemment il y a les déperditions, les pertes de la traduction : de sens, d’un lien affectif, sensuel. Une chanson est toujours liée à une voix, à une musique instrumentale, à une musique propre à la langue.
Comment faire entendre cette musique lorsqu’il faut moins de syllabes en français qu’en japonais pour dire la même chose ? On allonge la phrase quitte à y ajouter de l’information inutile ?
Je me retrouve dans un autre cas de figure lorsque la phrase japonaise est accès sur un « sens flottant » et qu’en français je vais devoir la figer avec des mots beaucoup plus précis.

[フランス語訳 | traduction française : 1]